• ホーム
  • シアリスの正しい服用方法

シアリスの正しい服用方法

シアリスは作用が長時間続くことが特徴のED治療薬です。
10mgを服用した時には作用が24時間程度続くとされており、20mgを服用した時には30~36時間続くと言われています。
今までに発売されている他のED治療薬に比べても非常に長い時間作用が続くため、時間のことを気にして使用する必要がないというメリットがあります。
ただし、正しい服用方法を知る時に注意しておかなくてはいけないのは、シアリスは他のED治療薬と違って即効性はないということです。
そのため、性行為を行う予定がある時には、数時間前には服用を済ませておかなくては、薬の作用を最大限に発揮できません。
作用の出方には個人差が大きく、またその他の要因の影響も受けるので、確実に何時間前がよいかどうかははっきりとは言えませんが、薬の作用があらわれるまでに3時間程度を要すると考えられています。
そして、シリアスの働きが最大になるのも3時間前後だと言われているので、服用後3時間前後で性行為を行えるように時間の調整ができるとベストタイミングでシアリスの作用を強く実感できるでしょう。
服用後3時間を超えるとシアリスの作用は徐々に下がっていきますが、効き目がなくなってしまうことはなくその後も緩やかに作用が持続します。
そのため服用が遅すぎることになるよりは、早めに服用しておいたほうが安心して性行為にのぞめるでしょう。
また連日シアリスを服用する必要がある場合には作用時間が長いために、シアリスの作用時間が重なってしまうことで体に悪い影響が起きないかという問題が出てきます。
特に20mgを服用している時には、作用時間が24時間を超えるため、続けて飲むことに抵抗があるかもしれませんが、基本的にはそこまで強い薬ではないので20mgを二日連続で服用しても大丈夫です。
1日に1錠の使用は許容範囲内なので、安心して使ってもらえます。
ただし連続して使用していて体の調子に異変を感じた時には病院を受診しましょう。

シアリスは食事の影響を受けないって本当?

シアリスは他のED治療薬に比べて食事の影響を受けにくいということも大きなメリットです。
シリアスを作っている製薬会社によると800kcalまでの食事ならば、シアリスの服用に大きな影響を与えないということなので、高カロリーの食事をすることがなければ、食事の後にシリアスを服用してもしっかりと作用が期待できるでしょう。
しかし、影響を受けにくいといっても多少の影響は出てしまうということなので、もしも、シアリスの働きを最大限にして性行為にのぞみたいと思う場合には、食事の前の空腹時に服用をしたほうが作用がしっかりと実感できると思います。
シアリスの正しい服用方法としては800kcal以内であれば食後でも大丈夫ですが、食事前に使用したほうがしっかりと作用を感じられるので、ケースバイケースで判断して使っていくとよいと思います。
また食事と関係の深いものにアルコールがあります。
これは全てのED治療薬に言えることですが、アルコールのとり過ぎはEDを悪化させます。
アルコールも個人によって適量に差があるので、全く飲まないほうがよいかというと、それも人によります。
アルコールを摂取することでリラックスして精神的に酔い影響を受ける人は少量のアルコールを飲むこともよいでしょう。
アルコールを飲み始めると、つい飲み過ぎてしまう人や、アルコールが体に合っていない人はアルコールを飲む期間がある時には注意をしながらアルコールと付き合っていきましょう。
シアリスは食事の影響を受けにくく、作用時間が長いことが特徴の優れたED治療薬です。
EDに悩んでいる人で長い作用時間を望んでいる人はシアリスを試してみると、今までの悩みが解消するかもしれません。
シアリス服用における食事の影響についてもこちらに記載されています。
こちらのページからはシアリスを購入することも出来るので、興味がある人は購入してみてはいかがでしょう?

サイト内検索
人気記事一覧